貝塚の子ども空手教室【北島道場】

全日本大会で決勝まで勝ち残るということ

奥野先生が全日本大会で準優勝しました。

全日本大会というのは、その名の通り日本で一番レベルの高い試合です。ほとんど黒帯ばかりの選手で、出場している選手はみな強い。その中で勝ちあがるのは、やはり全国レベルの証なのです。

子どもたちを指導する奥野先生は、優しく、時に面白く、全日本レベルで強いようには見えないかもしれません。

強いからこそ、人に優しい。

このことを体現してくれています。普通は、強いと威張ったり、威嚇したりするというイメージがあるかもしれません。しかし、当道場では、強いからこそ人に優しくするものだという人としての基本姿勢を設立当初から伝えてきました。

全日本大会に挑んだ奥野先生は、この試合で勝つために「強くなるためにやれることは何でもやろう」という姿勢で稽古を積み重ねてきました。西に猛者がいると聞けば西へ走り、東に猛者がいると聞けば東に走り、技と精神を鍛えてきました。
そして、試合では、はしゃいだり騒いだりせず、精神統一。空手ができるという現状への感謝があり、この試合までに稽古をつけてくれた方々への感謝があり、「真剣」という表現が最もふさわしい奥野先生でした。

本当に強い人というのは、驕らず謙虚なものです。そしていつも前向き。本当に強い人というのは、そこにいるだけで周りの人を明るい気持ちにしてくれます。

奥野先生の雄姿を見逃した!という人は

今回の全日本大会がDVDになって発売されています。1枚2000円です。サイト管理人も見ましたが(会場でも見て、DVDも見ました)、奥野先生の強さにしびれます。ご入用の方はメールまたはラインまたは電話にてお申し出ください。

貝塚の空手教室【北島道場】

大阪府貝塚市清児665-3サンシティ貝塚内 集会所
CopyRight2012©Kitajima Dojo All Right Reserved.